« 震災と自分と世の中と、、その4 | トップページ | 震災と自分と世の中と、、その6 »

2011年4月 1日 (金)

震災と自分と世の中と、、その5

やっぱり、日本人は基本的に、我慢強い人種だとおもいます。。

計画停電が、行われているわけですが、、

ネットで、日々見てると、最近なんて、

消費電力が、供給の8割くらいで抑えられている日もあります。。

私の地域は、申し訳ないことに、職場も、家も、

被災時は停電がありましたが、今は、計画停電になっていません。。

ですから、逆に気を使わないといけないと思い、

職場も、基本的に、暖房入れてませんし、、

家でも、照明は、電気二個までにして、暖房はガスだけ使います。。。

そーやって、みんなで少しずつ節電してる効果なんでしょうが、

計画停電が、ここのところ、行われないところが、

日本人の凄さだと思う今日この頃、、

いま、駅も照明が暗く、エスカレーターが使われず、

電車もまともに走っていませんが、

それについて、だれも文句を言わず、

黙々と、仕事に向かう姿を見ていると、

この姿勢が、モラルってものを思い出させてくれます。。

テレビのCMで、「頑張ろう。。」とか、

「日本は強い国だ、、」とか、わけ解らんこと言ってますが、、

正直、

ラッシュも、、

電車通勤も、、

行列することも、、

ほとんど無関係な、芸能人に、そんな事言われるのは、

上から目線的で、、押しつけがましくて、、洗脳めいていて、、

うんざりします。。

あんなCM流すなら、まだ、

犬のシリーズの携帯会社や、

子供店長や、

吉牛のCMの方が、よっぽど元気が出るってもんですよ。。

みんなおそらく、普通に暮らしてるうちに、

ただ、普通に昔の日本に戻ってくのを、待ってるだけだと思うんです。。

  

ところで、今日の怒り、、

何日か前から、言われてる、東電社長の緊急入院、、

若干の高血圧と、めまいで入院だとか??

そんな人、、

いま日本中に、何人もいますよ。。

東電の社長って、

いつの間にか、政治家になってたんですかね??

そのうえ、いま、福島の現場で、日本のために頑張ってる、

東電の社員でもない作業員の方々や、消防関係の方々、、

毎日、

食事が、おにぎりと、乾パンで、

暗闇の中で、被ばくしながら、毛布一枚にくるまっているそうです、、

ただでさえ、地獄のような状況下、、、

せめて、東京電力が、食事位、ヘリでも何でも使って、

仕出し弁当の豪華なものくらい、

用意して、運ぶのが、筋っちゅーもんじゃないでしょうか??

ま、

社長が、逃げ隠れしてる会社に、

そんな、人間界の常識は通じなんでしょうがっ!!!

     

ちなみに、年収が高いと叩かれたこともある、カルロスゴーンさん、、

いまは、フランス在住です。。

しかしながら、この災害を受け、、

フランスから、被ばく覚悟で日本に来まして、

すでに、福島のいわき工場に行って、

工場の被災を現場のスタッフとともに、確認して、

皆にエールを送り、エイエイオー!!って、言ってました。。

ま、比べても、仕方ないですが、

こーゆー時に、人間の実力って、わかりますね。。  

|

« 震災と自分と世の中と、、その4 | トップページ | 震災と自分と世の中と、、その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ザベちゃん、私も節電、頑張ってます。
6時から7時は、電気の消費量が一番多いと聞きましたので、震災以来、夕飯の仕度は6時までに終える毎日となりました。電気釜はもちろん、テプコのIHクッキングなんですよ。福島の原発に対処している方たち、一日2食とニュースでもやってましたね。しかも、缶詰やら、非常食ですよね。もっと、美味しいもの食べさせてあげて欲しいですよ。デンコちゃん。ザベちゃんも元気でね。

投稿: ケプ | 2011年4月 2日 (土) 12時01分

けぷちゃん、元気でしたか??
地震後、主婦は、色々大変だよね。。
IHだと、確かに、さらに大変だ。。
早いとこ、何とか、この状況が少しでも改善するといいけど、年単位で、考えないとだめだろうね。。
ま、焦らず、日々、過ごすのみですね。。

投稿: エリザベス | 2011年4月 3日 (日) 20時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災と自分と世の中と、、その5:

« 震災と自分と世の中と、、その4 | トップページ | 震災と自分と世の中と、、その6 »